黒田クロ
ようこそクロデザインスタジオ・スタッフ ブログへ!
黒田クロの最新ニュースをお伝えします。
<< August 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
しあわせを呼ぶ本
しあわせを呼ぶ本
『しあわせを呼ぶ本』
■黒田クロ/著
■加藤イサム/写真
¥1,050
60秒言葉のセラピー
60秒言葉のセラピー
『60秒言葉のセラピー』
■黒田クロ/著
¥1,050
ヒューマンエラーは
人間関係にあり
ヒューマンエラー
『ヒューマンエラーは
人間関係にあり』
■有吉 實/著
■黒田クロ 矢伏真理/著
¥525
出会いを出“愛”に
出逢いカレンダー
『出会いを出“愛”に』
■漫遊書・文 黒田クロ
■透明ケース入
¥735
日めくり
こころカード・1
3.5インチ・1
『こころカード・1』
■黒田クロ/著
¥525
RECENT COMMENT
PROFILE
CATEGORIES
PR
MOBILE
qrcode
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
【 クロデザインスタジオ・黒田クロ公式ホームページ 】
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | | - | - | - |
第21回 啐啄同時塾
 アーユボーワン!クロデザインスタジオの
川崎雄司です。

突然ですが・・・、
普段当たり前の様に使っている日本語
普段当たり前の様な会話の中のうなずき
普段当たり前の様にしている会話のキャッチボール
この「当たり前」を真剣に考えた事はありますか?

僕は、当たり前に考えていたので、
真剣に考えたことがありませんでした。

この人に出会うまでは・・・。



10月9日 第21回啐啄同時塾に、にしゃんた先生を
お招きしまして講演をしていただきました。

にしゃんた先生は、23年前にスリランカから勉強のため
と「オシン」を探すため日本にやってきました!スリランカの方です。

いまでは、経済学博士、羽衣大学准教授、京都府名誉友好大使、
多民族共生人権教育センター理事、
等多数の肩書きをお持ちです。

講演の中で、日本人は人の話を聞いている時
「うなずき」があります。
それは、相手(立場のちがう人)によってうなずき方
がちがいます。
立場が上の人には深々と、友人や同期の方などには、
軽くうなずきがあるとにしゃんた先生は日本に来て
30分で気づいたそうです。
一方、スリランカでは、下を向いて
首を8の字に振るといったうなずき方が当たり前のようです。



こういった「ちがい」(言葉の違い、人の違い、文化の違い
、世の中の違い)で苦労した話を3つに分けて教えていただきました。
1.人の壁=言葉、この言葉で伝えたい事とは全くちがう
意味で伝わってしまったり、時にはあいてに誤解を招いて
しまうケースもあったようです。

2.制度の壁=ルール、自分が外国人であるということで仕事
をもらえなかったりでの苦労

3、心の壁=気持ち、日本人と外国人の受信力のちがい

にしゃんた先生はこの「ちがい」に気づいて、
それを楽しみながら日本語を勉強して、
その勉強の中で日本語(アイヌ語)で
「イランカラッテ」これは、
はじめまして=あなたのそばによりそいたい
このすばらしい言葉を教えていただきました。
このように、普段使っている日本語や
人との会話をもう少し考え直さねば
と思い講演は終わりました。

ストゥッティー(スリランカ語)=ありがとうございます。


スポンサーサイト
- | 17:57 | - | - | - |
コメント
コメントする









 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。